アクセスへの手引きで学んだこと 答えは求めるんじゃない創造するんだ

こんにちは。エネルギーワーカーの二木陽子(ふたぎようこ)です。

 

わたしは、2016年に入ってすぐにアクセスコンシャスネスのバーズファシリテーターになり

バーバルクラス、ボディクラスを経て、アクセスボディクラスのファシリテーターになることが出来ました。

 

アクセスボディは60種類ものボディプロセスがあります。

そのすべてを、クライアント様やギフレシ(練習会)で行うことができます。

また、ボディプロセスの講座なども開催しています。

 

アクセスバーズの講座(セミナー)では

アクセスコンシャスネスのツールの使い方や

バーバルプロセスのツール、クリアリングなどを習います。

 

はじめはわからない言葉で、慣れ親しみにくいと思いますが、

アクセスコンシャスネスに足を運ぶ人たちは、学ぶことに意欲があることと

すぐにアクセスのツールなら使いこなせる能力がそろっているように感じます。

意欲という言葉を使っていますが、創造に意欲的なのです。

 

こと、スピリチュアルにはまっていた人だと最初はとっつきにくいかもしれません。

これは仕方のないことだと思います。

ヒーリングは癒しであるのに対して、

アクセスはデトックスや断捨離なので消去したり、消散して無くすのですから。

 

癒しと異なるのは、原因をなくして壊してしまうことにあります。

私たちが変わらずに持ち続けているものには、すべて原因があります。

それらには気づくということをしない限り

何度も何度も同じ思いを繰り返してしまいますよね?

 

原因となったものをなくすこと。

それがいつのものでいつの次元のものなのかはわかりません。

分かる必要すらありません。

人によっては、問題をより難しく創り上げることが

問題解決の糸口だと思っている場合もあります。

 

それは、原因の上に、いく層もの問題を積み上げてしまい

大きな問題に発展させていきます。

 

「これって素晴らしいこと?」

「これって最大の癒しになるの?」

 

そう疑問に思うことでしょう。

だって何にも変わらないのですから。

 

問題の層を掘り下げるのも良いかもしれませんが

原因が消えてなくなってしまえば、その山も崩れて消えてしまうと思いませんか?

でも、人は正しいと思う答えを求めてしまうもの

「あなたが不幸だと思ったのはどうしてですか?」

もし、そんなことを聞かれたとしても答えはすぐには出てこないはずです。

何が原因だったのかもわからないからです。

その元となった原因を探り解決しようとして今までにどれだけのことを行ってきましたか?

 

原因を探すことで答えが分かるとしてきませんでしたか?

 

その答え探しは苦しかったかもしれません。

自分が何であるのか分からずにいたのかもしれません。

あなたは、途方もない時間の中で

自分が知らない答え探しをしていたのだと思います。

 

事実、そのことに気付いて

「私は正しいことなんて、答えなんてわからない」

「きっと他の人なら、この答えを知っているはず」

としてしまったことはありませんか?

 

あなたの中では、

1+1=2 

のような正解といえる図式が当たり前のように浸透していて

「そこから外れている自分は違うのだ」としてきたところはありませんか?

自分の中で起こっていることは、その範疇に無いのに。

 

もっと難しいことにどんどん照準を合わせなければ

そう簡単には自分の問題は解決されないと思ってしまったところがありませんか?

答えを探していけば、見つかり、自分は変われるのだと。

そのようにしてきたところはありませんか?

 

もし、それが違っていたとしたら?

どんなアウェアネスが訪れるのでしょう?

 

私たちは、人と違っていることに恐れを抱いています。

もしこの恐れが必要ないものだったらどうでしょう?

違っていることが許されていたとしたら?

 

何もかも不幸だと思ってしまっていた原因を

創りだすことは、もうできなくなってしまいます。

 

私がたどり着いた一つの答えはこれでした。

 

答えは探し求めるんじゃない。創造するんだ

答えは探せばいくらでも見つかります。

探せば、本でもインターネットのホームページでも。

あなたが探せば探すだけ、答えが見つかるでしょう。

 

でも、それは、他の誰かの答えなのです。

あなたの答えではありません。

 

正しいと思えそうなことも、何か違うと感じられるものも。

あなたが目にしたことがないような答えだってあったでしょう。

 

しかし、答えとは教わるものでも教えられるものではありません。

やり方とは全く違います。

何かの組み立て方ではありません。使い方でもありません。

創造なのです。一人一人の。

 

私がたどり着いたのは、

「真実よ、すべての答えは創造の中にある。」

それは、正解を持たない答えなのです。

あなたがデザインした、創造していく中に答えがあるのです。

だから創造をしていって、それに気づいてみてください。

 

アクセスの手引きにはこうあります。

答えは力を奪ってしまうから、問いかけなさい。