INVOCATION OF DEATH  THE BODY PROCESS 死の呼び出しアクセスコンシャスネス講座

無事アクセスコンシャスネスのボディプロセスの一つ

「死の呼び出し」を開催することが出来ました。

 

 

 

受けられたご本人は、「死の呼び出し」の講座を受ける気はなかったそうです。

 

 

この講座の前に因果の囚われのセッションを受けられてから、

自分の中で気になって仕方がなかったそうです。

 

 

私もボディプロセスを自分にする前は

あまり氣になっていませんでした。

 

 

死の呼び出しをして何になるのだろう?

 

と思っていたくらいです。

 

 

なんとなく生きていたら、「死」と言うものに対しても

ぼんやりとしたイメージを抱いていたり、

何となく『生』とはこんなものなのかなぁ···?

思っていたかもしれません。

 

 

 

その中で、おっしゃられていたことは、ボディプロセスの

因果の囚われ死の呼び出しには何か通じるような

共通点がある気がするとのことでした。

 

 

もしかしたらそうかもしれません。

 

 

私が個人的に感じたことですが、死に対しての囚われが強かったり、

「病気になりやすい」といった思い込みなどに囚われている事があるので

病気を生み出しているように感じましました。

 

 

実際にアレルギーは思い込みが強いためか、

錆びたものを触ると必ずと言っていいほど湿疹が出ていました。

 

 

また、ウイルスを受け入れてしまいやすい思考パターンを

自分の中に創りあげていることなども考えられますね。

毎月のように体調を崩してしまいやすいことなども。

 

 

本当に誤った身体の死に対するものの見方で

何か間違った出来事を引き寄せているともいえます。

 

 

確かに、私たちはというものや、因果というものに対して無知です。

 

 

無知であるがゆえに、必要以上に怖がってしまったり、

自分がとらわれて動けなくなってしまったり、

死ぬ年齢を決めてしまったり、厄介なことをし続けています。

 

 

死は未知の世界に感じていますから。

そりゃ当然のように偏った物の見方や必要以上の恐れで

不自然なものを創り出しているのでしょう。

 

 

アクセスコンシャスネスのボディプロセスでは

これらも変えていくことが出来るのです。

 

死は私達にまとわりついているものではありません。

 

 

やがて、死は訪れるものなのです。

 

 

それを早く自分の人生に引き込まないようにすることですね。

死は思ったよりも安らかに。

穏やかさを選べば優しく訪れるものなのかもしれません。

 

 

 

0 コメント

死の呼び出し/アクセスボディプロセス

こんにちは。

今月のLANIヒールユアライフでは

アクセスコンシャスネスのボディプロセスの1つ『死の呼び出し』を開催します。

 

 

ボディプロセスファシリテーターになって

この死の呼び出し』の講座の開催は、はじめてですが

とてつもなく大きなエナジーを感じています。

 

 

このボディプロセスでは、

死を取り入れ人生を疎かにしてしまってきたところを取り消していきます。

 

 

人生にはたくさんの死があります。

それは、肉体だけではなく精神にも及びます。

 

 

この死を受け入れることで人生をダメにしてしまったところはありませんか?

 

 

自分をみて非難や批判して、

または他人のジャッジをすんなり受け入れてしまったことや

人生に可能性を持たせず、死を受け入れてしまったことがどれぐらいあるでしょう?

 

 

今回のボディプロセスでは、

死にたいするジャッジメントや狂ったエナジーを壊し解放していきます。

 

 

正直に人生を変えたい人におすすめです。

 

幾度でも行えるハンズオンヒーリングになります。

 

 

先着2名さま

今回限りの特別講座料金となります。

 

 

受講費は、13000円となります。

 

 

開催場所

 

東京都板橋区サロンにて

 

申し込み後に案内がメールで届きます。

 

 

時間 13:00-17:30

講座費用 13000円

持ち物 筆記用具など

 

お申し込みは下記のリンクをクリックしてください。

 

>>アクセスボディ『死の呼び出し』詳しくはこちら

 

アクセスバーズは楽しく行うと○○が変わっていく

こんにちは。ヨウコです。

最近は、公園や他のプラクティショナーさんの自宅サロンにて

アクセスバーズのギフレシを行っていました。

また、自分の中での変化があったように思えます。

私は東京都板橋区でアクセスバーズファシリテーターとアクセスボディファシリテーターをしています。

 

 

どちらもアクセスコンシャスネスのボディプロセスです。

 

教えることもあり、講座のリクエスト開催もしています。

 

 

ついこの前は、MTVSS講座を開催しました。

通常四時間ほどの開催ですが。

MTVSSは応用範囲が広く、

受ける度に体に変化をもたらします。

 

なのでしっかりと受け取ってほしくて

六時間以上の講座となりました。

 

 

MTVSSは体の構造から変わっていくとのことです。

この手で触れるハンズオンプロセスで、人生を滞らせている原因を消し去っていきます。

 

また、体が変えられると思っていないところに選択権を与えていきます。

 

 

ギャリーダグラスが言うには

人生を悪くしている原因が無くなれば、

体調が良くなったり、

状況が大幅に変わったりするかもね。

 

 

そんな風に言っています。

 

良くなるかもね。

それを選べば。

 

 

人生を滞らせている原因を消し去ること。

結果や原因に囚われないこと。

 

 

アクセスコンシャスネスでデトックスをすると

人生が色々と素早く変わると言われています。

 

 

私も変わった。

人生が変わることを、選んだから。

 

 

ただそれだけ。

アクセスコンシャスネスはそのうえ手助けになっただけのこと。

 

楽しくって気持ちの良いこと

だから続けている。

それだけのことなのだ。

 

 

 

 

思考の変化による豊かさへの気づき

こんにちは。

ヒーリングを行うことで私の生活にも大きな変化がおとづれています。

急激に変わったということはありませんが、

振り返ってみると変わったと思うことはたくさんあります。

 

 

振り返ってみる中で、わたしの中では「そうだ」と思っていたわけではありませんでしたが

人の感情や感覚の中には、幼いころからの習慣が根付いているものだと実感しました。

 

 

例えば、言葉は「幸せになりたい」そう言っているのに

「幸せになれる・・・(わけないよね)」

思考の中ではいつも、正反対の言葉が出ていました。

 

 

幸せになりたい・・・。

(しあわせになりたくない)

 

 

そう思っても、正反対の言葉が同時に出てしまっていたのです。

どんなに、アファメーションや前向きな思考になろうとしても、

反対のネガティブと言われている言葉が脳裏に浮かんでいました。

 

 

これでは、なかなか幸せになれないはずです。

同時に願い事を打ち消しているわけですから。

 

 

そしてネガティブな思いのほうが叶ってしまっているように感じていました。

 

 

 ヒーリングを始めたころのことですが、

 

(イベントをしても、誰かを誘っても、誰も来てくれない… )

 そう思っていました。

 

 

また、誰かのイベントに行ってあげることはたくさんありましたが、

その人たちが来てくれたことは一切ありませんでした。

 

 

また何かを作ったり売り出したりした際には

「どうしても買ってほしい」「成功させたい」とすがりついて来て

こちらの役目が終わると連絡すらつかなくなるのでした。

 

 

自分が必死にやっているとアピールしてきては、

自分を満足させるだけの目的を果たしては理由をつけてはいなくなる。

その理由は、お金、時間、家庭、子供…。

 

 

普段は気にせずに放り投げている、責任や、

手にできないと思っているものを持ち出して。

 

 

そんなことが重なってくると、その人たちは・・・

どんな人間だったのかさえもわからなくなってしまいました。

 

 

よく知りもしないのですから、あまり知る必要はなかったのかもしれません。

今はそう思っています。

 

 

でも当時はその答えが知りたいと思っていました。

 

 

 そしてやっと見つけた答えがこちらのブログでした。

http://blog.goo.ne.jp/foklb/e/184e87e80000ef592048f448851a00f1

 

 

下記転記させていただきます。

(リブログとも言いますね(笑))

  

「人間関係で、今までに数回、友人から"利用されている"と感じたことがあります。

そういう人とは縁を切りますが、こういう現象を起こす原因となる思考パターンが私にあるなら、ぜひ直したいです。」

・友人の、お誕生日パーティーを企画・幹事もしたのに、彼女は、私の誕生日を忘れた

・友人が、解雇されて困っていたところに、人材紹介会社で働いている知人を紹介した。

私が、派遣契約が打ち切られた時、彼女からは、短いメールしかこなかった。

 

「時々、私にこのようなことがあるのは、変な思考パターンがあるからでしょうか。」

鈴木先生は、ちょっと、聞いてきます、といって、目を閉じました。

 

「加藤さん。

今、あなたは、自分がしてあげることと、他人がしてくれることのバランスが、フェアではないと感じているのですね。

 

ちょっと考えてみてください。

あなたは、ご自分が、どういうを持っているか、わかっていますか。

あなたは、周りの人を喜ばせてあげようとして、実際にそのように行動できるし、

誰かが困っている時には、助けたいと思い、実際に、手を差し伸べることができるのですよ。

 

あなたは、友達に利用されたと思っていますが・・・ 彼女達には、それが精一杯だったのです。

彼女達は、あなたができるような、方法を知らないのです。

どちらが、幸せなことでしょうか?」

 

 

あの人たちは、自分を満たすことが精一杯で、

誰かが困っていても、自分も困っているから・・・。

何かあっても何もしてあげることはできない。

 

と心の奥底では思っていたのかもしれません。

 

 

そんな人たちの心の奥底を知る必要はありませんでしたが、

優しいのかもしれないけれど、どこか冷たい人たちなのかもしれないと感じ

連絡も来ないままに距離を置くには十分なことでした。

 

 

それでも私は、自分が困っていたとしても

周りの人を喜ばせてあげようとして、実際にそのように行動できる

誰かが困っている時には、助けたいと思い、実際に、手を差し伸べることができる

そんな人なのかもしれません。

 

 

これに気付けたということは、とても大きなことだと思いました。

 

 

それから、なんとなく感じているのですが、最近、自分の周りに集まってくる人たちは、

自分自身で歓びや安らぎ、それに関する学びを求めながらも

自らが行動が出来て人を幸せにすることができる人たちのように思えます。

 

 

そう。誰かに満たしてもらおうとせずに自分で変えていくことができる人達になってきたのです。

このことが豊かなことだというのは簡単なことかもしれません。

 

 

なぜなら、魂や精神の成長が、まことの豊かさを連れてくるのですから。

周りに集まる人が変わってきたということは、自分の魂や精神も成長しているということなのです。

 

 

さらに豊かになっていくためには、過去の人間関係にとらわれず、常に新しいものへシフトしていく。

ワクワクとして軽やかな気持ちの方向へと進んでいくことなのです。

 

 

人から奪うことで満たされた気持ちになる人の中にいては、豊かさは訪れては来ないでしょう。

そこはそっと断ち切って次のステージへ上がることが必要なのです。

 

 

私にとって、思考が変化したとき、豊かさが訪れるというのは本当のことでした。

 

 

 

0 コメント

バージンロードの意味

チャペル
チャペル
【ガラスの靴を履いて】

女の子は誰だって、

「お姫様になりたーい」
「綺麗なドレスを着てみたい」

そんな風に思ったり
憧れる瞬間があるものなのです。

それを叶えてくれるのが、
結婚式という舞台なのです。

小さなチャペルの窓は自然な陽光が差し
木彫りのレリーフを美しく彩っていました。

バージンロードを一歩一歩
ゆっくりと歩く度に
積み重ねた年月を思い出させてくれます。

バージンロードの本当の意味
あなたは知っていますか?

バージンロードは正式には
ウェディングロードと呼ばれ
新婦のこれまでの人生を表しています。

1歩ずつ歩むことをウェディングステップといいます。
その一歩は新婦の約一年を表しています。

ウェディングステップを踏む少し前、
両開きの扉が開かれるのを
新婦は父親と腕を組み待っています。

扉が開かれる前までを「新婦が母親の体内、まだ産まれていないお腹の中にいること」を表しています。

花嫁が被るベールには「赤ちゃんになり0歳に戻ります」という意味があります。

「これから始まる長い道のりに幸あれ」
そっと祈りを込めてベールを下ろします。

扉が開き
わたしが産まれました。

「おめでとう」

パイプオルガンと拍手のなか、
まずは一歩目。
わたしの一歳の誕生日。
小さな産声を上げました。

少しずつ踏み出す一歩は
小さな頃の思い出を1つずつ
よみがえらせてくれます。

二歩目は2歳の頃、
三歩目は3歳の頃だよ。

保育園や小学校の入学式。
運動会や遠足。
家族で旅行に行ったこと。

1つ1つの思い出が
涙と共に溢れてきました。

きっと、いままでにたくさんワガママを言いました。そして、支えてきてくれた人もたくさんいました。

でもね、その中でも、
お父さんとお母さんに
支えられてきたことが
わたしの一番の幸せです。

だから、一番近くで支えてくれていた
お父さんと歩く人が多いんだって。


お父さん、お母さん


あなた達のおかげで
たくさんの喜びに出会えました。


大事に育ててくれてありがとう。





シータヒーリングDNA基礎を受講しました。

 横浜にある住宅展示場の中に

シェアリーカフェというスペースがあります。

そこで、シータヒーリングの基礎を学びました。

 

未来リーディングにとても興味があったからです。

 

自分の未来ってどうなっているのだろう?

もしわかったとしたら、いったい何を変えたらいいのだろう?

そう思って参加しました。

 

>>シータヒーリング東京横浜のセミナー

を行っているドリームプランナーズの松下さんに講師をしていただきました。

 

3日間のシータヒーリング基礎でしたが、

ボリュームたくさんの受講となりました。

 

 

 

 

 

0 コメント

INVOCATION OF DEATH  THE BODY PROCESS 死の呼び出しアクセスコンシャスネス講座

無事アクセスコンシャスネスのボディプロセスの一つ

「死の呼び出し」を開催することが出来ました。

 

 

 

受けられたご本人は、「死の呼び出し」の講座を受ける気はなかったそうです。

 

 

この講座の前に因果の囚われのセッションを受けられてから、

自分の中で気になって仕方がなかったそうです。

 

 

私もボディプロセスを自分にする前は

あまり氣になっていませんでした。

 

 

死の呼び出しをして何になるのだろう?

 

と思っていたくらいです。

 

 

なんとなく生きていたら、「死」と言うものに対しても

ぼんやりとしたイメージを抱いていたり、

何となく『生』とはこんなものなのかなぁ···?

思っていたかもしれません。

 

 

 

その中で、おっしゃられていたことは、ボディプロセスの

因果の囚われ死の呼び出しには何か通じるような

共通点がある気がするとのことでした。

 

 

もしかしたらそうかもしれません。

 

 

私が個人的に感じたことですが、死に対しての囚われが強かったり、

「病気になりやすい」といった思い込みなどに囚われている事があるので

病気を生み出しているように感じましました。

 

 

実際にアレルギーは思い込みが強いためか、

錆びたものを触ると必ずと言っていいほど湿疹が出ていました。

 

 

また、ウイルスを受け入れてしまいやすい思考パターンを

自分の中に創りあげていることなども考えられますね。

毎月のように体調を崩してしまいやすいことなども。

 

 

本当に誤った身体の死に対するものの見方で

何か間違った出来事を引き寄せているともいえます。

 

 

確かに、私たちはというものや、因果というものに対して無知です。

 

 

無知であるがゆえに、必要以上に怖がってしまったり、

自分がとらわれて動けなくなってしまったり、

死ぬ年齢を決めてしまったり、厄介なことをし続けています。

 

 

死は未知の世界に感じていますから。

そりゃ当然のように偏った物の見方や必要以上の恐れで

不自然なものを創り出しているのでしょう。

 

 

アクセスコンシャスネスのボディプロセスでは

これらも変えていくことが出来るのです。

 

死は私達にまとわりついているものではありません。

 

 

やがて、死は訪れるものなのです。

 

 

それを早く自分の人生に引き込まないようにすることですね。

死は思ったよりも安らかに。

穏やかさを選べば優しく訪れるものなのかもしれません。

 

 

 

0 コメント

死の呼び出し/アクセスボディプロセス

こんにちは。

今月のLANIヒールユアライフでは

アクセスコンシャスネスのボディプロセスの1つ『死の呼び出し』を開催します。

 

 

ボディプロセスファシリテーターになって

この死の呼び出し』の講座の開催は、はじめてですが

とてつもなく大きなエナジーを感じています。

 

 

このボディプロセスでは、

死を取り入れ人生を疎かにしてしまってきたところを取り消していきます。

 

 

人生にはたくさんの死があります。

それは、肉体だけではなく精神にも及びます。

 

 

この死を受け入れることで人生をダメにしてしまったところはありませんか?

 

 

自分をみて非難や批判して、

または他人のジャッジをすんなり受け入れてしまったことや

人生に可能性を持たせず、死を受け入れてしまったことがどれぐらいあるでしょう?

 

 

今回のボディプロセスでは、

死にたいするジャッジメントや狂ったエナジーを壊し解放していきます。

 

 

正直に人生を変えたい人におすすめです。

 

幾度でも行えるハンズオンヒーリングになります。

 

 

先着2名さま

今回限りの特別講座料金となります。

 

 

受講費は、13000円となります。

 

 

開催場所

 

東京都板橋区サロンにて

 

申し込み後に案内がメールで届きます。

 

 

時間 13:00-17:30

講座費用 13000円

持ち物 筆記用具など

 

お申し込みは下記のリンクをクリックしてください。

 

>>アクセスボディ『死の呼び出し』詳しくはこちら

 

アクセスバーズは楽しく行うと○○が変わっていく

こんにちは。ヨウコです。

最近は、公園や他のプラクティショナーさんの自宅サロンにて

アクセスバーズのギフレシを行っていました。

また、自分の中での変化があったように思えます。

私は東京都板橋区でアクセスバーズファシリテーターとアクセスボディファシリテーターをしています。

 

 

どちらもアクセスコンシャスネスのボディプロセスです。

 

教えることもあり、講座のリクエスト開催もしています。

 

 

ついこの前は、MTVSS講座を開催しました。

通常四時間ほどの開催ですが。

MTVSSは応用範囲が広く、

受ける度に体に変化をもたらします。

 

なのでしっかりと受け取ってほしくて

六時間以上の講座となりました。

 

 

MTVSSは体の構造から変わっていくとのことです。

この手で触れるハンズオンプロセスで、人生を滞らせている原因を消し去っていきます。

 

また、体が変えられると思っていないところに選択権を与えていきます。

 

 

ギャリーダグラスが言うには

人生を悪くしている原因が無くなれば、

体調が良くなったり、

状況が大幅に変わったりするかもね。

 

 

そんな風に言っています。

 

良くなるかもね。

それを選べば。

 

 

人生を滞らせている原因を消し去ること。

結果や原因に囚われないこと。

 

 

アクセスコンシャスネスでデトックスをすると

人生が色々と素早く変わると言われています。

 

 

私も変わった。

人生が変わることを、選んだから。

 

 

ただそれだけ。

アクセスコンシャスネスはそのうえ手助けになっただけのこと。

 

楽しくって気持ちの良いこと

だから続けている。

それだけのことなのだ。

 

 

 

 

アクセスへの手引きで学んだこと 答えは求めるんじゃない創造するんだ

こんにちは。エネルギーワーカーの二木陽子(ふたぎようこ)です。

 

わたしは、2016年に入ってすぐにアクセスコンシャスネスのバーズファシリテーターになり

バーバルクラス、ボディクラスを経て、アクセスボディクラスのファシリテーターになることが出来ました。

 

アクセスボディは60種類ものボディプロセスがあります。

そのすべてを、クライアント様やギフレシ(練習会)で行うことができます。

また、ボディプロセスの講座なども開催しています。

 

アクセスバーズの講座(セミナー)では

アクセスコンシャスネスのツールの使い方や

バーバルプロセスのツール、クリアリングなどを習います。

 

はじめはわからない言葉で、慣れ親しみにくいと思いますが、

アクセスコンシャスネスに足を運ぶ人たちは、学ぶことに意欲があることと

すぐにアクセスのツールなら使いこなせる能力がそろっているように感じます。

意欲という言葉を使っていますが、創造に意欲的なのです。

 

こと、スピリチュアルにはまっていた人だと最初はとっつきにくいかもしれません。

これは仕方のないことだと思います。

ヒーリングは癒しであるのに対して、

アクセスはデトックスや断捨離なので消去したり、消散して無くすのですから。

 

癒しと異なるのは、原因をなくして壊してしまうことにあります。

私たちが変わらずに持ち続けているものには、すべて原因があります。

それらには気づくということをしない限り

何度も何度も同じ思いを繰り返してしまいますよね?

 

原因となったものをなくすこと。

それがいつのものでいつの次元のものなのかはわかりません。

分かる必要すらありません。

人によっては、問題をより難しく創り上げることが

問題解決の糸口だと思っている場合もあります。

 

それは、原因の上に、いく層もの問題を積み上げてしまい

大きな問題に発展させていきます。

 

「これって素晴らしいこと?」

「これって最大の癒しになるの?」

 

そう疑問に思うことでしょう。

だって何にも変わらないのですから。

 

問題の層を掘り下げるのも良いかもしれませんが

原因が消えてなくなってしまえば、その山も崩れて消えてしまうと思いませんか?

でも、人は正しいと思う答えを求めてしまうもの

「あなたが不幸だと思ったのはどうしてですか?」

もし、そんなことを聞かれたとしても答えはすぐには出てこないはずです。

何が原因だったのかもわからないからです。

その元となった原因を探り解決しようとして今までにどれだけのことを行ってきましたか?

 

原因を探すことで答えが分かるとしてきませんでしたか?

 

その答え探しは苦しかったかもしれません。

自分が何であるのか分からずにいたのかもしれません。

あなたは、途方もない時間の中で

自分が知らない答え探しをしていたのだと思います。

 

事実、そのことに気付いて

「私は正しいことなんて、答えなんてわからない」

「きっと他の人なら、この答えを知っているはず」

としてしまったことはありませんか?

 

あなたの中では、

1+1=2 

のような正解といえる図式が当たり前のように浸透していて

「そこから外れている自分は違うのだ」としてきたところはありませんか?

自分の中で起こっていることは、その範疇に無いのに。

 

もっと難しいことにどんどん照準を合わせなければ

そう簡単には自分の問題は解決されないと思ってしまったところがありませんか?

答えを探していけば、見つかり、自分は変われるのだと。

そのようにしてきたところはありませんか?

 

もし、それが違っていたとしたら?

どんなアウェアネスが訪れるのでしょう?

 

私たちは、人と違っていることに恐れを抱いています。

もしこの恐れが必要ないものだったらどうでしょう?

違っていることが許されていたとしたら?

 

何もかも不幸だと思ってしまっていた原因を

創りだすことは、もうできなくなってしまいます。

 

私がたどり着いた一つの答えはこれでした。

 

答えは探し求めるんじゃない。創造するんだ

答えは探せばいくらでも見つかります。

探せば、本でもインターネットのホームページでも。

あなたが探せば探すだけ、答えが見つかるでしょう。

 

でも、それは、他の誰かの答えなのです。

あなたの答えではありません。

 

正しいと思えそうなことも、何か違うと感じられるものも。

あなたが目にしたことがないような答えだってあったでしょう。

 

しかし、答えとは教わるものでも教えられるものではありません。

やり方とは全く違います。

何かの組み立て方ではありません。使い方でもありません。

創造なのです。一人一人の。

 

私がたどり着いたのは、

「真実よ、すべての答えは創造の中にある。」

それは、正解を持たない答えなのです。

あなたがデザインした、創造していく中に答えがあるのです。

だから創造をしていって、それに気づいてみてください。

 

アクセスの手引きにはこうあります。

答えは力を奪ってしまうから、問いかけなさい。

 

0 コメント

思考の変化による豊かさへの気づき

こんにちは。

ヒーリングを行うことで私の生活にも大きな変化がおとづれています。

急激に変わったということはありませんが、

振り返ってみると変わったと思うことはたくさんあります。

 

 

振り返ってみる中で、わたしの中では「そうだ」と思っていたわけではありませんでしたが

人の感情や感覚の中には、幼いころからの習慣が根付いているものだと実感しました。

 

 

例えば、言葉は「幸せになりたい」そう言っているのに

「幸せになれる・・・(わけないよね)」

思考の中ではいつも、正反対の言葉が出ていました。

 

 

幸せになりたい・・・。

(しあわせになりたくない)

 

 

そう思っても、正反対の言葉が同時に出てしまっていたのです。

どんなに、アファメーションや前向きな思考になろうとしても、

反対のネガティブと言われている言葉が脳裏に浮かんでいました。

 

 

これでは、なかなか幸せになれないはずです。

同時に願い事を打ち消しているわけですから。

 

 

そしてネガティブな思いのほうが叶ってしまっているように感じていました。

 

 

 ヒーリングを始めたころのことですが、

 

(イベントをしても、誰かを誘っても、誰も来てくれない… )

 そう思っていました。

 

 

また、誰かのイベントに行ってあげることはたくさんありましたが、

その人たちが来てくれたことは一切ありませんでした。

 

 

また何かを作ったり売り出したりした際には

「どうしても買ってほしい」「成功させたい」とすがりついて来て

こちらの役目が終わると連絡すらつかなくなるのでした。

 

 

自分が必死にやっているとアピールしてきては、

自分を満足させるだけの目的を果たしては理由をつけてはいなくなる。

その理由は、お金、時間、家庭、子供…。

 

 

普段は気にせずに放り投げている、責任や、

手にできないと思っているものを持ち出して。

 

 

そんなことが重なってくると、その人たちは・・・

どんな人間だったのかさえもわからなくなってしまいました。

 

 

よく知りもしないのですから、あまり知る必要はなかったのかもしれません。

今はそう思っています。

 

 

でも当時はその答えが知りたいと思っていました。

 

 

 そしてやっと見つけた答えがこちらのブログでした。

http://blog.goo.ne.jp/foklb/e/184e87e80000ef592048f448851a00f1

 

 

下記転記させていただきます。

(リブログとも言いますね(笑))

  

「人間関係で、今までに数回、友人から"利用されている"と感じたことがあります。

そういう人とは縁を切りますが、こういう現象を起こす原因となる思考パターンが私にあるなら、ぜひ直したいです。」

・友人の、お誕生日パーティーを企画・幹事もしたのに、彼女は、私の誕生日を忘れた

・友人が、解雇されて困っていたところに、人材紹介会社で働いている知人を紹介した。

私が、派遣契約が打ち切られた時、彼女からは、短いメールしかこなかった。

 

「時々、私にこのようなことがあるのは、変な思考パターンがあるからでしょうか。」

鈴木先生は、ちょっと、聞いてきます、といって、目を閉じました。

 

「加藤さん。

今、あなたは、自分がしてあげることと、他人がしてくれることのバランスが、フェアではないと感じているのですね。

 

ちょっと考えてみてください。

あなたは、ご自分が、どういうを持っているか、わかっていますか。

あなたは、周りの人を喜ばせてあげようとして、実際にそのように行動できるし、

誰かが困っている時には、助けたいと思い、実際に、手を差し伸べることができるのですよ。

 

あなたは、友達に利用されたと思っていますが・・・ 彼女達には、それが精一杯だったのです。

彼女達は、あなたができるような、方法を知らないのです。

どちらが、幸せなことでしょうか?」

 

 

あの人たちは、自分を満たすことが精一杯で、

誰かが困っていても、自分も困っているから・・・。

何かあっても何もしてあげることはできない。

 

と心の奥底では思っていたのかもしれません。

 

 

そんな人たちの心の奥底を知る必要はありませんでしたが、

優しいのかもしれないけれど、どこか冷たい人たちなのかもしれないと感じ

連絡も来ないままに距離を置くには十分なことでした。

 

 

それでも私は、自分が困っていたとしても

周りの人を喜ばせてあげようとして、実際にそのように行動できる

誰かが困っている時には、助けたいと思い、実際に、手を差し伸べることができる

そんな人なのかもしれません。

 

 

これに気付けたということは、とても大きなことだと思いました。

 

 

それから、なんとなく感じているのですが、最近、自分の周りに集まってくる人たちは、

自分自身で歓びや安らぎ、それに関する学びを求めながらも

自らが行動が出来て人を幸せにすることができる人たちのように思えます。

 

 

そう。誰かに満たしてもらおうとせずに自分で変えていくことができる人達になってきたのです。

このことが豊かなことだというのは簡単なことかもしれません。

 

 

なぜなら、魂や精神の成長が、まことの豊かさを連れてくるのですから。

周りに集まる人が変わってきたということは、自分の魂や精神も成長しているということなのです。

 

 

さらに豊かになっていくためには、過去の人間関係にとらわれず、常に新しいものへシフトしていく。

ワクワクとして軽やかな気持ちの方向へと進んでいくことなのです。

 

 

人から奪うことで満たされた気持ちになる人の中にいては、豊かさは訪れては来ないでしょう。

そこはそっと断ち切って次のステージへ上がることが必要なのです。

 

 

私にとって、思考が変化したとき、豊かさが訪れるというのは本当のことでした。

 

 

 

0 コメント